WR Case and Son Knife Companyの熟練職人によるハンドメイドナイフ 電子メール登録 連絡先 サイトマップ Facebook MySpace You Tube
1889年創業、メイド・イン・USAの手作りナイフ

ナイフ

話題&伝統

ディーラー・ロケーター

コレクターズクラブ

Caseについて

W.R. Case & Sons Cutlery Companyは、何世代にも渡って受け継がれてきたプレミアム品質の手作りナイフメーカーです。 ペンシルバニア州ブラッドフォードに拠点を置く当社は、便利なフォールディングナイフからフィックスブレードのスポーツナイフ、限定版の各種記念ナイフからコレクターズアイテムまで、あらゆるニーズに対応した多種類のナイフを製造販売しています。

当社の長い歴史は1889年、William Russell (“W.R.”)、Jean、John、AndrewのCase家4兄弟がナイフを設計製造し、ニューヨークからワゴンを引いて販売して歩いたところから始まります。ごく初期の頃から用いられているナイフタング部への刻印システムは、業界で最も広く認められた収集価値あるナイフとしてのCaseのブランドの地位を確たるものにしています。 今日、Case社はブラッドフォードを拠点とする家族経営企業、Zippo Manufacturingが所有しています。 

今日、Caseは関係各位のおかげで、革新的なデザインと豊富な素材を組み合わせたナイフメーカーとしての業界での位置を維持しています。Caseのパイオニア・スピリットは、CopperLock®、Baby Butterbean®、Sod Buster®、XX-Changer®、Baby Doc、Tiny Trapperといったオリジナルのナイフパターンや、全く新しいHunter Trapper、Tiny Muskrat, and Jr.Scout等のナイフに受け継がれています。 

Caseの品質へのこだわりは、1本のナイフ作りに携わる125人の職人の手が証明しています。 稀少なブラジリアン・キャトル・ボーンやバッファロー・ホーンや、ローズウッドやマザーオブパールといったデリケートな素材、スタッグ等の材料は、職人の手で加工されます。真鍮やニッケル、シルバー等の素材を用いることで、美しいだけでなく長い使用にも耐えるナイフに仕上がっています。 

W.R. Case & Sons Cutlery Companyについて詳しくは、電話1-800-523-6350にお問い合わせいただくか、www.wrcase.comをご覧ください。