WR Case and Son Knife Companyの熟練職人によるハンドメイドナイフ 電子メール登録 連絡先 サイトマップ Facebook MySpace You Tube
1889年創業、メイド・イン・USAの手作りナイフ

ナイフ

話題&伝統

ディーラー・ロケーター

コレクターズクラブ

歴史

W.R. Case & Sons Cutlery Companyは20世紀初め頃、ポケットナイフが時計と同じくらい高価だった頃に創業されました。当社は長年、ナイフ業界において新たな素材とデザインを開拓するリーダーとして認知されてきました。

当社のルーツは1889年に遡ります。当時、情熱溢れるWilliam Russell (W.R.)、Jean、John、AndrewのCase家4兄弟が、手作りのナイフをワゴンに乗せてニューヨークを起点に販売して歩いたのが始まりです。1900年1月、兄弟はCase家の最初のブランド、Case Brothers Cutlery Companyを立ち上げます。

W.R.の息子J.R. Caseは父の名前を取ってW.R. Case & Sonsを創業。これが今日知られている当社です。1905年にペンシルバニア州ブラッドフォードに移る頃までには、Case家兄弟はそのブランドを、アメリカの刃物界で最も高く評価されるブランドとして確立していました。

第一次世界大戦中より、合衆国政府はCaseに対し、合衆国軍隊の兵士用に軍用ナイフの製造を要請。1965年、NASAのスペースミッションで宇宙船(通称「モリー・ブラウン」)に搭乗したガス・グリソムとジョン・ヤングは、Caseの特注ナイフを使用しました。  Caseのナイフを愛好、収集する有名人には、アイゼンハワー元アメリカ合衆国大統領(Dwight D. Eisenhower)や人気カントリー・ミュージシャンのランディ・トラビス(Randy Travis)等がいます。 

 


  Case歴史ツアー
ナイフに関するエピソード